浮気をしない人はいない!?浮気防止に役立つ心理学!

スクリーンショット 2015-01-14 23.54.10

浮気をする可能性は誰にでもあります。自分の恋人に限って……と思いたい人は多いでしょうが、そう考えていると浮気される可能性に気付けなくなる危険があります。浮気はちょっとした事で防止出来ます。今回は浮気防止に役立つ心理学を紹介します。

人間は潜在的に浮気をする生き物

実は、人間という生き物は絶対に浮気をするのです。身も蓋もない言い方になりますが、これは遺伝子レベルで考えれば当然です。

子供を作る行為は自分の遺伝子を後に残すという意味があります。より良い遺伝子or自分と離れている遺伝子を残そうとするなら、1人の異性とだけ子供を作るより、複数人の異性と子供を作った方が良いですね。これは動物ならば皆やっている事です。

スポンサーリンク


人間は理性や社会道徳などによって抑えていますが、遺伝子レベルで見れば全ての人間が浮気性だと言えます。

だからこそ浮気防止の方法を知っておく必要があります。

浮気をしない人の「7つの特徴」

浮気は自己拡大を求める行為

スクリーンショット 2015-01-14 23.54.53

そもそも浮気というものがなぜ起こるのか。それは心理学における『自己拡大』が関係しています。

自己拡大とは、「自分で気づいていない自分の一面を知る事」です。たとえば占いや心理テストなどをやり、「自分が自分で気付いていなかった自分の一面」を知る事など。これも自己拡大の1つです。

スポンサーリンク


1人の相手とずっと一緒にいると、どうしてもマンネリが起こります。付き合い始めの新鮮さやワクワク感が薄れるのは避けようがありません。さらに相手が自分の事を褒めてくれなくなったり、デートなどもいつも同じパターンで単調なものだったりすると、自己拡大欲求も満たされません。

このような事が続くと、次第に今まで気付かなかった自分の一面に気付かせてくれる人を求めるようになります。浮気はこの自己拡大を求める心理によって起こる場合が多いです。

浮気防止には相手の自己拡大欲求を満たしてやれば良い

スクリーンショット 2015-01-14 23.56.30

浮気と自己拡大の心理について解説しましたが、ではどうすれば浮気を防止できるのでしょうか。

上述した通り、浮気は自分の新しい一面が知りたいという心理的な欲求によって起こるものです。つまり、その欲求を満たしてあげる事が浮気防止に繋がります。

例えば、相手の良い所を積極的に探して褒めてあげるなど。長く付き合っていると、だんだん相手を褒めなくなる場合が多いです。その不満が積もりつもって浮気されてしまうという事もあります。褒められて気分の悪くなる人はいません。何気ない事でも、気付いたら褒める。これが一番簡単な浮気防止法です。

また、今まで行った事のないような場所に二人で出かけるのも良いです。新しい体験も、自分の新たな一面に気付くきっかけとなります。さらにマンネリ気味の関係への良い刺激にもなります。

1人の異性で満足出来る人はいません。浮気は絶対にするものと考え、その上で浮気防止の為に相手の欲求を満たしてあげるような行動をとりましょう。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

絶好調!琵琶湖でヌンじゃなくす〜〜ん笑フッキング^ ^

kissのシチュエーション!!

琵琶湖でバス釣り大会やってみた!

最高に泣ける感動の遠距離恋愛実話ラブソング!最新人気曲!「My Beloved Girlfriend」歌詞付き フル 最高音質 / 小寺健太

このページの先頭へ