彼女が浮気した?気がつかない彼氏の原因とは?

スクリーンショット 2014-12-04 17.13.51

彼女を信じていたのに何故か浮気をされる彼氏が増えているようですがいったい女性の気持ちにどのような変化があったのでしょう?

一般に女性は一途とも言われていますが最近ではその傾向もちょっと当てにならないようで、男性もしっかりと彼女の心を捕まえておかないといけませんよね。

どんな事が原因となっている事が多いのか、彼氏としてはこういった理由もチェックしておく必要があるのだと思います。

浮気の原因はこんな事も関係している?

スクリーンショット 2014-11-30 18.10.43

女性の多くがどんな男性が好きですか?と言った質問の中で、優しい男性が好き!という答えが数多くあります。それは男性にとっても同じような意見だと思いますが女性は男性に対して優しさを求めている事は確実なのだと思います。

ただ、その優しさは自分が思っているだけで彼女には伝わってない場合があるのです。そして勘違いの優しさが原因になっているケースが多いと言えます。

スポンサーリンク

具体的な例をあげてみると、女性の言う事をなんでも聞いてあげるのが優しさだと思っているのであればそれは大きな勘違いかもしれません。特に注意が必要なのは、誰にでも優しい人です。
どんな女性に対しても優しいという事は本当に素晴らしい事ですが、同時に彼女はとても傷ついているかもしれません。

女性は少なからず特別の存在である事を願っています。貴方にとって一番大事な存在でありたいと思っているからです。

でも、自分だけに向けられたい優しさが他の女性にも同じように向けられてしまうと、今までの思いは急に冷めてしまう事が非常に多いと言えますので、優しいという意味を特別なものに変えていく事が必要なのだと思います。
次に多いのがこんな男性のパターンです。

言葉を待っていてはダメです!

スクリーンショット 2014-11-30 18.09.26

彼女の浮気の原因で多いのがいわゆる寝取られのパターンがありますよね。男性としてはとても嫌な事ですし、なんで自分がそんな目に合わないといけないんだ?という気持ちにもなると思います。ただ、多くの場合このタイプで問題となるのが、常に相手の言葉を待っている方がとても多いのです。

女性ってやはり男性に引っ張ってもらいたいと思っているのが普通ですから、男性が言われた事に対してだけ動いていると良い結果にはなりません。少なくとも浮気相手の男性はおそらく彼女に対して積極的にアプローチをしたからそういった関係になったのでしょう。

スポンサーリンク

女性はそんな男性に、私が求められていると思えばやはり心は流されてしまう事もありますし、それを防ぐにはきちんと自分から行動する事が大事なのだと言えますよね。

では女性の行動もある程度把握しておく事も大事になりますのでどういった行動に注意したら良いのかを考えてみましょう。

こんな行動を始めたら注意してください

スクリーンショット 2014-11-30 18.13.17

好きな食べ物が変わる

これはかなり可能性が高いかもしれません。食べ物って女性の場合好きな人が出来ると合わせてみようとしますので、とても注意が必要と言えます。

休日のデートが減る

休みの日って好きならずっと一緒にいたい気持ちが強いと思いますが、友達と出掛けるなどの用事でデートを断ってくると、ちょっと危ないかもしれません。

自分の家に来たがらない

前はよく泊りに来てたのにこの頃は来る回数が減ったなと思っている時は、ちょっと危ない状態なのかもしれません。他で肉体関係を満たされていたとしたらやっぱり泊りに来る事はあまり出来ませんよね。これはやはりとても可能性が高いと言えます。

自分が信じていたとしても女性の心ってとても複雑で難しいですよね。でも本当に好きという気持ちが伝わらないとそれは浮気の原因となってしまいます。

少なくとも付き合い始めたら女性をリードしてあげて特別な優しさをもって接していく事が女性を安心させる事になっていきます。
そしてその優しさは繰り返し伝え続ける事でしか安心出来ませんので、何度も繰り返して接していく事が必要なのです。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

絶好調!琵琶湖でヌンじゃなくす〜〜ん笑フッキング^ ^

kissのシチュエーション!!

琵琶湖でバス釣り大会やってみた!

最高に泣ける感動の遠距離恋愛実話ラブソング!最新人気曲!「My Beloved Girlfriend」歌詞付き フル 最高音質 / 小寺健太

このページの先頭へ