彼女が出来たら!!このタイミングでキスするのがベスト?!

スクリーンショット 2014-11-30 18.57.12

好きだった女性に思い切って告白をし、めでたく付き合う事になり毎日をとても幸せに過ごしていても、ちょっとキスのタイミングで悩む男性は多いかもしれませんね。

特に付き合う事が初めてだったとしたらそれはかなり悩んでしまう事でしょう。どの体勢が良いのか、どんな言葉をかけたら等の事も考えてしまうと思います。
そこで彼女との初キスはこういうタイミングがベストというものがあればとても参考にはなると思うのです。色々な意見などを見比べてみると自分に合った瞬間をいうものも見えてくるかもしれません。

では初めにキスの時の注意点を見ていきましょう。

こんな事に注意しないとNGかも?

スクリーンショット 2014-11-30 19.01.44

初めに考えたいのは彼女との距離ですよね?どんな距離がベストかというと手で確かめながらする事が失敗はしにくいと言えます。
多くの場合手を顔に添えたりとする事をしない方が多いですが、初めての場合なら女性の顔に優しく手を添えて自分から唇に向かうようにすると失敗が少なくなります。
女性にしても手を添えられると心の準備も整いますし、いきなり来られるよりも嬉しいので、あまり焦らずにゆっくりとする事を心掛けましょう。

最悪なのが歯がぶつかる場合なので相手の唇もよく見ながら動いていくと良いですよ。

スポンサーリンク

そしてこれも気をつけたい事ですが口臭ですよね。やっぱり口臭はきちんとチェックしておくべきですしエチケットでもあります。
トイレなどに行った時にエチケットガムなどを噛むなどして用意しておくと良いですが、目の前で露骨にアピールはしないようにしまようね。女性はムードを大切にしますから、やる気満々の所は見せない方が良いです。

それでは上手なタイミングをいう事を考えていきたいと思います。

自然に出来る雰囲気を作り出す

なんだかんだ言ってもこのタイミングをいうのが一番の悩みの種になると思います。これを掴めないとせっかくのデートも不満が残る結果になってしまいますよね?

ではどのようにしてタイミングを引き寄せるかという事になるのですが、大切な事は相手にしたいと思わせる雰囲気作りです。少しづつ女性にボディタッチをしていくととても自然に出来るので、歩いていたとしたらさりげなく手を握る事から始めましょう。

どこかに座っていても同じで、手を握れたら目を見つめて微笑みかけると尚良いと言えます。この時にそっと手を離して彼女の頭か肩に優しく置くととても自然です。

スクリーンショット 2014-11-30 18.59.02

出来れば片方の手を繋いだままだと女性も安心感があって良いと思いますので繋げる余裕があれば繋いでおくのが大事になります。

ここまでくれば自然とキスするって事が相手にもわかりますし、繋いでいる手を離さなければもう心の準備も整っているでしょうから、躊躇うことなくしましょう。
ガツガツとせずに優しく触れる程度で最初は確認し、もう一度彼女の目を見つめます。そこからは記念の素晴らしい時間を迎えられますよ。

スポンサーリンク

でも中には失敗した!そんな方もいますよね?なんとなくぎこちなかったけど大丈夫かな?など不安にもなります。
そんな時はこんな事を試してみると良いかもしれません。

失敗から成功へ導く方法

スクリーンショット 2014-11-30 19.05.33

どうしたって始めては緊張するものですから、台本のように上手くいくとは限りません。途中までは大丈夫だったけど肝心の所で歯が当たったなどの失敗もあるかもしれません。でも、そのまま終わらせてしまうと気まずい雰囲気で終わってしまいますよね。
だからと言って次の機会を待つというのもちょっとしたストレスになるかもしれません。

そんな時は失敗した原因をはっきり言いましょう。初めてだとしたらその事を言葉に出して言って下さい。女性は言葉で言われるととても感情が動きやすくなります。正直に言ってくれた人に今度は自分からするという可能性がとても高くなるのです。
失敗したとしてもきちんと言葉で言えば、きっと思い出の時を二人で作れる事になってきます。

スポンサーリンク
  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

絶好調!琵琶湖でヌンじゃなくす〜〜ん笑フッキング^ ^

kissのシチュエーション!!

琵琶湖でバス釣り大会やってみた!

最高に泣ける感動の遠距離恋愛実話ラブソング!最新人気曲!「My Beloved Girlfriend」歌詞付き フル 最高音質 / 小寺健太

このページの先頭へ